手続き面倒なタスポ

電子タバコ SUPER CIGARETTE スーパーシガレット
交換フィルター50個入【電子タバコ カートリ...

全国の自動販売機で次々に導入されている「タスポ」。この「タスポ」は、未成年者喫煙を防止するために始まりましたが、カードを作る煩わしさもあってか、普及率は40パーセント以下だそうです。面倒なICカード作成するより、煙草ならコンビニで買えばいいやと思っている方も多いですね。

タスポがきっかけで禁煙

しかしタスポがないと自動販売機で煙草が買えなくなりました。これを機に禁煙を目指す方が急増しています。いわゆる「タスポ禁煙」ですね。煙草代が千円にもなるというような噂もチラホラありますので、禁煙にはちょうど良い機会かもしれませんね。
しかし、喫煙者の方が禁煙をするというのは一大決心です。禁煙は決心しただけではできるもので張りません。ニコチンの禁断症状とも戦わなければならず、本当に禁煙車人口が増えるのどうか分かりませんね。

禁煙を決意するきっかけ

タバコを吸うほとんどの方が「体に悪いとわかっているけれど」やめられないようです。タバコの害を挙げると推挙に暇がないのですが、大まかにわけると次のようなものです。

心筋梗塞
脳梗塞
COPD(呼吸器疾患)
こうやって病名を聞くと一旦は止めたくなりますが、でもニコチンの誘惑にはなかなか勝てません。禁煙するのにははやり何か大きなきっかけが必要です。それが、面倒なタスポをきっかけにした禁煙活動も盛んになっているようです。

スポンサードリンク

早いうちにやめるほど身体には良い

タバコをやめると一時的に体重は増加することが多いのですが、逆に言えば、それが本来の状態なのではないでしょうか。多少太っても健康になったと割り切った方がよいようです。
タバコをやめると心筋梗塞などの病気になる確率は、やめた瞬間から下がっていきますが、それまで一本もタバコを吸ったことがない人と比べると、完全にゼロになるわけではありません。早いうちにやめるほど利益は大きくなりますので、やはり「止めようと」と決意した時がチャンスですね。